Blog&column
ブログ・コラム

外壁が色褪せる原因と対策について

query_builder 2022/07/09
コラム
11

なぜ外壁は色褪せてしまうのでしょうか。
新築の時は綺麗だった外壁も、年月が過ぎると色褪せますよね。
本記事では外壁塗装の色褪せが起きる原因と対策を紹介します。

▼外壁が色褪せる原因とは?
家の外壁が色褪せてしまう代表的な原因として知られているのが「紫外線」です。
人間が日焼けするのと同じように、外壁にも紫外線は害を与えます。
また「酸性雨」も色褪せの原因と知られているものです。
紫外線や酸性雨などで顔料の結合が切断されると色が変わってしまいます。

■外壁の色褪せ対策
色褪せ対策として考えられるのが以下の3つです。

・色褪せしにくい黒や白の外壁を選ぶ
・色褪せに強い塗料を選ぶ
・定期的に外壁塗装をする

「黒や白の外壁は自分の好みではない」という方もいるでしょう。
そんな時は、耐久年数が長くて色褪せにも強い塗料を選ぶようにしてください。
そのうえで定期的に外壁塗装をして綺麗な状態を保ちましょう。
使用する塗料にもよりますが、塗装後10年が経過すると外壁は色褪せしやすくなります。
そのため外壁は10年を目安にメンテナンスするのがおすすめです。

▼まとめ
家の外壁が色褪せてしまう代表的な原因は、紫外線と酸性雨です。
対策としては、色褪せに強い塗料を選んだうえで、定期的な外壁塗装を考えてくださいね。
藤沢周辺での外壁塗装につきましては、茅ヶ崎市の「New Wave」が幅広い施工に対応しております。
ヒアリングと現地調査のうえでベストな提案を行っておりますので、弊社までお気軽にご相談ください。

NEW

  • ブログを更新しました。

    query_builder 2022/05/24
  • 水性塗料と油性塗料の違い

    query_builder 2022/10/01
  • 外壁塗装の施工をする時の流れは

    query_builder 2022/09/22
  • 外壁塗装の膨れの原因は

    query_builder 2022/09/15
  • 外装塗装を依頼する際の注意点

    query_builder 2022/09/08

CATEGORY

ARCHIVE