Blog&column
ブログ・コラム

漏電を防ぐ対策について

query_builder 2024/04/01
コラム
55

漏電していることに気がつかず電気を使い続けると、感電や火災の危険性があります。
では漏電を防ぐには、どういった対策をとれば良いのでしょうか。
そこで今回は、漏電を防ぐ対策についてご紹介します。

▼漏電を防ぐ対策
■コードを結束バンドなどでまとめる
電化製品が多いと、コードがごちゃごちゃしがちです。
しかしそのままにしておくと、ホコリが溜まったり電気コードが絡まったりすることがあります。

これによりトラッキング現象が、発生しやすくなってしまうのです。
トラッキング現象は、漏電を引き起こす原因の一つとなっています。
コードを結束バンドなどでまとめることで、絡まりやホコリが溜まることを防ぐことができるでしょう。

■アースを使用する
アースとは、主に水廻りで使用する家電についています。
電化製品が水に濡れると漏電しやすくなりますが、アースがついていると漏電を防ぐことができ、万が一漏電しても感電しにくくなります。

■電化製品を水に濡らさない
電化製品を水に濡らすと、絶縁体に水が入り込み漏電することがあります。
雨漏りにより照明器具などが濡れることでも、漏電を引き起こすことがあるでしょう。

▼まとめ
漏電を防ぐには、結束バンドでコードをまとめたり、アースを使用したりするなどの対策方法があります。
また電化製品を使用する際は、水に濡らさないように注意しましょう。

日頃からしっかりと対策を施し、漏電を防ぐことが大切です。
【New Wave】では、電気工事も承っております。
漏電対策に関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

NEW

  • ブログを更新しました。

    query_builder 2022/05/24
  • 漏電を防ぐ対策について

    query_builder 2024/04/01
  • 漏電しているときによく起こる症状について

    query_builder 2024/03/03
  • ごちゃつきがちな配線を隠す方法

    query_builder 2024/02/05
  • 電気スイッチの種類について紹介

    query_builder 2024/01/03

CATEGORY

ARCHIVE