Blog&column
ブログ・コラム

電気スイッチの故障の主な原因と対処法

query_builder 2023/12/01
コラム
51

スイッチを押しても電気がつかないことがありますが、その原因として電気スイッチの故障が考えられます。
しかし電気スイッチの故障にもさまざまな原因があり、それにより対処法が異なるのです。
そこで今回は、電気スイッチの故障で考えられる主な原因をご紹介します。

▼電気スイッチの故障の主な原因
■スイッチの破損
スイッチ自体が破損すると、電気がつかなくなることがあります。
亀裂が入っている場合、スイッチと中の部品にずれが生じ、反応しなくなっていることが考えられるでしょう。
スイッチが陥没している場合は、接触不良を起こしているかもしれません。

■配線トラブル
スイッチは、壁の中で配線とつながっています。
この配線が何らかの理由により傷がつくと、電気がつかなくなることがあります。

▼電気スイッチが故障したときの対処法
電気スイッチの故障は、基本的に専門の業者に修理してもらう必要があります。
修理の際は電気の配線を触る必要があるケースがほとんどですが、この扱いを間違えると感電や火災の危険性があるのです。
専門家に、故障の原因を確認してもらいましょう。

▼まとめ
電気スイッチの故障は、スイッチ自体の破損か配線トラブルが主な原因です。
特に配線を触る必要があるなどがあり危険を伴うため、必ず専門家に依頼しましょう。
【New Wave】では、主にリフォーム工事を承っております。
電気工事にも対応しておりますので、電気スイッチの不具合についてもご相談ください。

NEW

  • ブログを更新しました。

    query_builder 2022/05/24
  • ごちゃつきがちな配線を隠す方法

    query_builder 2024/02/05
  • 電気スイッチの種類について紹介

    query_builder 2024/01/03
  • 電気スイッチの故障の主な原因と対処法

    query_builder 2023/12/01
  • 店舗の音響設備工事の費用はどのくらい?

    query_builder 2023/11/02

CATEGORY

ARCHIVE